前へ
次へ

喪主側の立場を経験させることも大事

遺体を自宅に安置する場合には、様々なお葬式の準備に加えて、弔問客への対応も必要です。
そのため

more

コンパクトでも充実なお葬式が今の主流

生命誕生があり、そして終焉があります。
命あるものであれば、それは当然の事ながらあるもので、避

more

家族葬を行う場合のメリットと注意点

最近では、家族や親しい友人だけで行われる家族葬の利用者が増えているようですが、その大きなメリットとし

more

親族が集まったタイミングで決めておきたいこと

お葬式に使用する遺影は、家族が提供した写真を葬儀社で加工して作成します。
故人が生前に選んでいれば迷うことはありませんが、決まっていなければ本人のアルバムや家族のアルバムから互いに持ち寄り、みんなで選んでいきます。
故人の人柄が偲ばれるような温かい印象のものを選ぶのがポイントです。
また、通夜や葬儀、告別式などでは、喪主や親族が挨拶を行うことになりますので、誰が行うかを決め、挨拶の内容も検討しておきます。
同時に、ついつい後回しになってしまう式服の準備も忘れないようにすることが大事です。
体形が変わって着られなくなってしまった、黒の靴下やストッキングがない、ワイシャツがくたびれてしまっているなど、慌ててしまうことが少なくありませんので、確認していくようにします。
そして、親族などが集まったタイミングで、弔問客に渡す返礼品などをカタログなどから予算や土地柄に応じて選んでおきます。
会葬礼状の文面をオリジナルにしたいということであれば、この時点で葬儀社に申し出ておくことが必要です。

大阪で廃品回収・不用品回収をお手頃価格で行うエコループ

重たい水を運ぶ必要がありません

見たい動物に合わせた提案
マンタ・海亀など確かなスポットをご提案させていただきます

粗大ゴミ 大阪

お子様のためにも乗り換える
赤ちゃんの身体に合ったお水をご提供しています

Page Top